スムーズにビジネスを進めるには海外企業の文化に染まる!

海外企業の文化に染まる!

憧れの海外企業での就職を狙うにはその国の文化に染まる事をおすすめしています。多くの日本人が一度海外を経験して、その国の良さや人柄、文化に触れて、そこで働きたいと思うようになるようです。そのため最初からその国の事を経験、商売上の習慣も把握している事があるので有利になりますよね。もしまだ国に行ったことが無いのであれば1度はその国を経験して、仕事をするうえでの参考にしてから、でも遅くは無いと思います。

 

 

それでは、実際に憧れの国外、あるいはその国の企業で働くにはどうしたら良いでしょうか。狙うべきポイントは3点ありますね。

 

  • その国に移住をして就労ビザを取得、現地で仕事を探す
  • その国の企業の求人を日本で探す。(いわゆる外資系企業)日本で働き口を探してもいいし、海外勤務の求人を探しても良い
  • 日本企業に就職して、その国へ派遣してもらう

 

誰もが考える事かもしれませんが、このような手段で外資系で働くことは可能となりますね!

 

具体的に見て行きましょう

 

あなたは英語を話せますか?もし、英語圏じゃなくてイタリアやフランス、オランダ、中国といった国で働くとしても英語は必須ですし、多くのケースで英語でビジネスが進んでいきますので英語が話せることは前提となります。

 

そのため履歴書も英文レジュメとなりますし、ワーキングヒストリーも英語です。面接も英語。給与の交渉方法も外資系スタイルとなるので、自己主張はしっかりしないといけませんね。最初から外資系を狙っている人は当たり前かもしれませんが、転職初心者のかたもいるので詳しくお話させていただきました。

 

それではうまく転職するための方法について書いて行きましょう。ココでおすすめしている方法が絶対ではないですしもしかしたらもっといい方法があるかもしれません。でもあらゆる職種、業種で応用できるのでこの手段をおすすめしています。

 

それはエージェントを利用する方法です。エージェントというと代理人という意味があると思いますが、そのとおりであなたの転職を代理で代行してくれる、代わりに交渉してくれる、と考えてください。たとえばリクルートエージェントというサービスもそうです。DODAやJAC Recruitmentなどもそうです。エージェントに転職をお任せする形で進行していくことができますよ。